おいしい山香米♪ その2

おいしい秘密は・・・?

「別に有機とかにこだわってるわけじゃないよ~」
と、河野さんは言うけれど、

まさに黄金色の稲穂が頭を垂らしてますね

まさに黄金色の稲穂が頭を垂らしてますね

基本の農薬散布は始めの1回、後は手を掛けて育てるだけがいつものやり方だそうです。
他にも、繁殖と子牛の出荷もしているので、自家製牛糞堆肥で土造りされています。

 

山深い場所で水に恵まれ、牛糞堆肥で土も良い仕上がりだなんて・・・

美味しいはずですよね!

牛 (2)

まだ小さい子牛と同じ柵に入っていました、見知らぬ私に興奮状態?!

まだ小さい子牛と同じ柵に入っていました、見知らぬ私に興奮状態?!

で、美味しさに貢献してくれる牛さんの様子はこちら。

 

なんと、見知らぬ私に驚いて!子牛が柵から逃げ出しました~~
急遽、畑の河野さんにSOSの電話を

「・・・・電波の届かない場所に・・・」

電波の届かない場所は私が居た牛舎周りだけでしたが、冷や汗が出ました(苦笑)

牛が逃げ出すなんて経験が無いもので、どうしていいのかわからない不安が・・・

 

何とか河野さんと連絡がつき、逃げた子牛を柵に戻していただき、改めてお礼を述べ家路へ着きました。

本当にお手数かけました、ありがとうございました。

河野さん家には跡取り息子さんがいて当分はお米大丈夫です!

気が優しくて力持ち~、人の痛みが分るホッとできる人です! お米造りへの情熱を語る新聞記事では男前なインタビュー内容でした。

気が優しくて力持ち~、人の痛みが分るホッとできる人です!
お米造りへの情熱を語る新聞記事では男前なインタビュー内容でした。

農家の高齢化や、後継者不足が全国的に問題ですが、跡取りがいるので当分は大丈夫です。

そして息子さんはお嫁さんを募集しています!

美味しい河野さんのお米を一緒に育てて下さる
20~40代の運転免許をお持ちの方、豊山荘の女将にご連絡下さい~(マジです!!)

コメ造りへの熱い情熱を新聞のインタビューで拝見したことがあるのですが、本人はほんわかした親しみやすい方ですよ。