日本の酒情報館 東京

日本人なら日本酒!?

九州の人にとっては「さけ=焼酎」の方も多いと思いますが、
日本酒は日本の国酒なので、やっぱり、神前式やらお葬式など
格式ある集いでは日本酒が定番だと思います。

先日東京へ寄ったときに、そんな国酒についてしっかり学べる(&お口でも学べる)
日本の酒情報館 へ行ってきました。

入口に日本酒がいっぱい飾られています

入口に日本酒がいっぱい飾られています

 

ここは東京の虎ノ門駅 9番出口から徒歩3分とアクセスも良い~♬
日本酒だけでなく、焼酎、泡盛、リキュールなど、酒造組合に加盟する各蔵から
お薦めの品が集められ、なんと(有料ですが)試飲もたっぷりできるんです。

酒好きの私は地酒を飲める居酒屋さんでは2~3種類は注文して楽しむんですが、
1つが一合ですから、3つも頼むと、結構な酔っ払いが出来上がってしまいます。
しかし、この情報館では30mlの試飲サイズがあるんです 😛
30mlを3つ頼んでもまだ一合の半分ですヨ!  昼間っから6つも頼んで真っ赤な顔になりました。

30mlが3種類楽しめるセット。組合せで料金が変わりますが、1種類だけでも注文できます。外国人にはリキュールがお土産として人気らしいです

30mlが3種類楽しめるセット。組合せで料金が変わりますが、1種類だけでも注文できます。外国人にはリキュールがお土産として人気らしいです

酒の造り方・・・麹つけから絞りまで・・・など、日本語以外にも中国語、英語などのムービーがあり、外国人の方にも楽しんで頂けます。
私としては、ここはおつまみを置いていないので、せめて「舐め塩」を置いてほしいです!
「和らぎ水」やお燗の温度の呼び方など、和食を扱う皆さん~、ぜひここを訪れてみて下さい。

 

Sake, distilled spirits and an awamori can learn Japanese liquor happily.
There is a charge and it can be tasted, so it can be bought after liquor of a gift is tried first.
From Toranomon station in Tokyo, 3 minutes on foot.
There is a movie which introduces liquor in English and Chinese.