マイナス60℃の凍かぼすチューハイ

 

普通の冷凍庫がマイナス18℃くらいです。
業務用だとマイナス20℃が一般的です。

最近マイナス60℃の冷凍庫を設置しました!

これは築地のマグロ屋さんが使うくらいのハイスペック冷凍庫です。
魚釣り(海釣り)が大好きな某Eさんが、このハイスペック冷凍庫を教えてくれました。

「釣った魚を直ぐに入れとくと、解凍しても刺身で食べれるんだよぉ~」
って言葉に、面白そう!と思いまして。あまりにも低温なので、肉や魚が
冷凍焼けを起こしにくいんだそうです。肉や魚の脂もしっかり凍るので
冷凍焼けをしにくいんだそうです。

このハイスペック冷凍庫にもちろん肉や魚をストックしていますが、
変わり種として、大分特産の「かぼす」もお試しでストックしてみました。

結論

氷代わりになるし、ものすごくフレッシュな旬のかぼすを年中楽しめそうです!
ケーキなんかに付いてくる保冷剤をこのハイスペック冷凍庫に入れとくと、
本当に解けにくいので、とっても重宝しています。
酒好きの私としても、お酒が薄まらずに美味しく飲みたいので実験感覚で
冷凍してみたのですが、いい感じです。なかなかカボスが解けないので
飲み過ぎ防止にも良いかも??

今年の分は25個くらいしか冷凍していないので、
「マイナス60℃のかぼすチューハイ」は
このブログを読んで、オーダーした方限定20杯です。
好評でしたら、来年は倍量仕込みます!(ハイスペック冷凍庫に入れるだけですが 😉 )