温泉「豊後しぼり」 を小学生が体験

「豊後しぼり」を温泉で仕上げる特殊体験?!

地獄蒸しデッキで製作活動

地獄蒸しデッキで製作活動

”豊後しぼり”は大分地方に伝わるしぼり染の一つです。
しぼり作家の安藤先生が有名な方なんですが、
温泉でしぼり染の最後の仕上げをする特殊な製法があります。

今回、大分市内のある小学校5年生のクラスが1年かけて豊後しぼりの
研究をした総仕上げとして、「しぼり体験」をしたい!!とのことで
安藤先生に指導依頼がいき、30数名の小学生が一度に体験できる場所として
当館にご指名がきたのです。

この温泉しぼりですが、私は豊山荘の温泉でしか体験したことが無いので
他の温泉がどうなるのかは知りません。
しかし、安藤先生が言うには

「ここの温泉だと違うのよ~」

小学生の力作が完成!

小学生の力作が完成!

とのことでした。
小学生が思い思いの柄を絞りこみ、製作した力作を披露してくれました。

最後はみんなでご挨拶

小学生の皆がお礼を!

小学生の皆がお礼を!

学級委員長の女の子が製作指導に来てくれた安藤先生やそのお弟子さんたちに代表してお礼の挨拶をしてくれました。堂々とした大きな声での挨拶は小学生とは思えないくらいの
立派な様子でした。
この日は大分県でも今期初の雪がチラつく寒い一日でしたが、屋外での2時間に及ぶ活動でケガや事故が起こらずよかった~。
熱湯の温泉を使って仕上げたり、周りの配管が熱かったりで30名以上の子供が活動するんですから、心配で・・・。
その中で、ある男の子が「温泉がつるつるする~」と感想を!

参加者皆で記念撮影

参加者皆で記念撮影

その理由を聞きにフロントまで来てくれました。
小学生なのに「違いがわかる」なんて、将来が有望だわ。

同じ大分県内なのですが、意外と地獄蒸しがあることや、温泉にも違いがあるんだよ! ってことを知らないみたいで、次々と質問が飛んできました。この探求心はいいねぇ~

 

豊山荘では小学校などの学習活動の応援をしています。
以前にも市内の小学校から温泉についての研究で小学生がやってきたり、
NHK教育の理科だったと思いますが、アルカリと酸の番組で協力したり。
身近な温泉や地域の発見を模索されている先生方、場所の提供等のご相談は
若女将までお電話下さい。